診療メニュー|子宮内膜症

子宮内膜症

子宮内膜症は、子宮の内側にしか存在しない子宮内膜細胞が、全く別の場所(卵管や卵巣、腸と子宮のあいだなど)にでき、そこで増殖発達していく、良性ですが進行性の病気です。
存在する場所が子宮の筋肉の中にある場合は子宮腺筋症を、卵巣にある場合はチョコレートのう腫(卵巣に血液貯留したのう腫)を、引き起こします。

子宮腺筋症・チョコレートのう腫

治療のポイントは、“正確な診断をすること” です。

当クリニックでは、超音波検査、MRI検査(他院に依頼する形になります)、内診(婦人科的診察)、血液検査などで詳細な分析を行いますが、大勢の子宮内膜症患者さんの様々な病態を長年腹腔鏡下で観察してきた腹腔鏡下手術医としての“目”が、さらにその分析に力をそえます。
現在受けている治療へのセカンドオピニオンも承ります。

子宮内膜症は、再発がありやっかいな病気と思われがちですが、治療の選択肢(腹腔鏡下手術、薬物療法、対症療法)をご一緒に考え、使い分けることで、“この病気と上手に付き合っていく”方法を見つけることが可能です。

関連リンク

子宮内膜症

婦人科腹腔鏡下手術

婦人科の病気

生理痛